2014年 08月 06日

ヒトにはヒト


「ヒトはヒトにつく」

よく言ってしまう言葉です
ちょっと誤解を招きそうな表現ですが、結局はヒトだなぁ、と
何をやるかも大切ですが、誰とやるかはムチャクチャ重要
「こいつ!」というヒトと一緒だと、普通は越えられない困難もしんどいながら楽しんで踏んばれるし、乗り切ったときに目を見ただけで笑いあえる
軽い会話がブレストになり、アイデアなんでいくらでも沸いてくるものです

仕事のパートナーなら、大きく見せようとする無駄なアピールは不要
本音をぶつけ合えることはもちろん、【働く】以前のヒト対ヒトとしてとの関係性は最重要
いかに人生を楽しむかワクワクするか、ということに焦点をあてていると、波動の変化にも敏感になってきます
もちろん同じ相手でにも感情は変わってくる
その時に「痛い」ことを怖がらずに、どこまで向き合えるかが大切なんじゃないかと
すぐにあきらめて閉じられたら、永遠に分かり合えない

仕事=お金をかせぐ手段、というポジションならほどほどでイイのかもしれません(そういうオン・オフの働き方もあります)
しかし、わたしは不器用なもので、そこの線引きはなし、仕事も遊びも全部いっしょ
だから触覚がふるるっ!って来たものを、人生そのものにまぜちゃう感じかなぁ
そんな生き方をしていると、不思議と同じような感覚の仲間がふえてくるのもオモシロイものです

キレイごとだけですむ訳なし
本気なほど、本音なほど、ぶつかってなんぼ
正面から切り付けちゃったりね、あとで謝ってみたりしますが(^^;
人生そのもの本気の遊び、を生きていくんだろうな

まわりのみなさま、これからもよろしくですm(__)m
[PR]

# by mowmow-usshie | 2014-08-06 16:05 | フツーの出来事
2014年 08月 05日

お元気ですか?

「感情をもってニュースを見る」

知らない国のニュースに触れた時・・・
戦争の知らせに怒りや疑問がわいたり、悲惨な画像や動画に悲しんだり、ココロ温まる出来事に癒される時もある
しかし、どうしても対岸の火事になってしまう、それは当然のことかもしれません

でもね、友達が出来た国・人と触れ合った場所だと、それは全然違う重さをもって「自分ごと」になってきます
もう2度と行かないであろう旅先の内戦は、道端でバナナを買ってくれた友だちの笑顔を思い出し、心配になり、ニュースのその後をおってしまう
他国のパッカー達と夜通し音楽とウィスキーを垂らした紅茶ですごした場所、お互いカタコト英語で一緒にゴハンを作った友だちの出身国、みな他人ごとではなくなっている
ニュースを感じるカンカクがまったく違ってくる
二度と連絡をとれなくても、本名が分からないからFBでつながることもなくても、わたしの世界をぷぅっとふくらましてくれた大切なご縁なんだよね

いぜん、大地を守る会会長の藤田さん、peopletreeサフィアさんのトークライブに参加した時、藤田さんが海外との交流を語った時に言った言葉です
感情をもってニュースを見られることはスバラシイ
数年たった今もはっきりココロに残っています

ヒトはヒトを思う
笑顔になれるとイイね(^^
[PR]

# by mowmow-usshie | 2014-08-05 00:59 | フツーの出来事
2013年 06月 21日

どうぞ行きなさい お先に行きなさい


待たなくてもいいよ

知らなくてもいいよ


僕の我慢がいつか実を結び

果てない波がちゃんと

止まりますように

君と好きな人が

百年続きますように


「ハナミズキ」
[PR]

# by mowmow-usshie | 2013-06-21 07:01 | ♪♪♪MUSIC♪♪♪
2013年 06月 21日

雨の日だから・・・



なんとなく雨降りはレイ・ハラカミを聴きたくなる

清志郎もどんともそうだけど、居なくなっても居なくならない

音楽ってなんなのだろう?


ギシギシしたカラダを横たえている

タブレットを水で流し込んで

バランスを戻そうと宙に手をのばしてみたり



リアルだけの世界に生きすぎてるな、って思ってしまう

たまにだけどね

もっとカンカク的というか手触りや口に含んだ時の温度やとろみや

そういうトコロで自分を認識していたから

ほんのたまにね、ちょっと息がつけなくなるんだ


ホントのわたしとか、しょうもないことを言うつもりはないけれど

睡眠時間以外すべて仕事をしていると、訳が分からなくなってくる

触角が衰えてカンセイの先っぽが鈍くなっていく

仕事がらみのFacebookに並べたオフィシャルな自分は色を失っているのでは?



チョコレートと本をつめこんで、電車で遠くに行きたい

数年前までは当たりまえのように、そんなことばかりしていた

公園のベンチでお昼寝して

無地のノートに言葉を織りつづけていた

まわりには必ず音楽があって

気遣いや緊張感にしばられるような人間関係はなかった


神さまから警告がおくられる

ココロに来たものは、無理やりゴマカシ続けてきたけれど

一線を越えたのか、カラダにも出てきている


キモチノモチヨウ

大人になれない自分がダメダメなのか?



雨の日は余計なことを考えてしまうね

さ、ハラカミさんのCDをさがそうか
[PR]

# by mowmow-usshie | 2013-06-21 00:20 | フツーの出来事